花粉・花粉眼鏡について

現在、花粉症の人口は約2,600万人と推定されており、
今や国民の5人~6人に1人が発症しているということになります。
花粉症の症状は鼻のかゆみやくしゃみがよく挙げられますが、
「目」の症状でお困りの方も多くいらっしゃいます。
このページでは、花粉症による目の症状でお困りの方の
セルフケアについてお伝えしています。
花粉を遠ざけ少しでも快適に過ごしていただければと思います。

花粉を知り、花粉症を防ぎましょう

花粉カレンダー
花粉症を引き起こす植物は多く、日本ではこれまでにおよそ60種類が報告されています。また、飛散する時期も様々で、スギ・ヒノキなどの樹木では春が中心ですが、イネ科の場合は初夏に、キク科の場合は真夏から秋口になっています。秋口の花粉についての認知度は低く、風邪の症状と似ているため、風邪と間違うことも多いようです。
花粉カレンダー
花粉を目に入れない
花粉症は、体に入ってきた異物に対して、体が拒否反応をおこすアレルギー症状です。
これを防ぐには、花粉を体内に入れないようにすることが大切です。
主なセルフケア
メガネ・サングラス、花粉防止メガネ
通常のメガネでは目に入る花粉を約40%、花粉防止メガネでは約65%も減らせることがわかっています。※
服装
花粉が付着しやすいウールの服をさけ、家の内に花粉を入れないことが重要です。
洗顔・洗眼
顔や目に付いた花粉を落としましょう。
※大久保 公裕(2011)「的確な花粉症の治療のために」厚生労働科学研究

花粉防止メガネって?

花粉防止メガネは、目に入る花粉を減らすため、メガネのレンズまわりのフレームが顔にフィットする形状になっています。(右図)

花粉防止メガネ「スカッシー(R)」

サイズやカラーが豊富な全41種類
子供から大人まで、使用用途や好みに合わせてお選びいただけます。
商品バリエーション